2017年02月06日

働き方改革の必要性 (倉田)

労働基準法では、労働時間について、一日8時間、週40時間を超えてはならないと定められています。ところが、労働者と使用者が合意して協定を結べば、これを上回ることができるという例外規定があり(36条)、どこの職場でもこの協定を結んでいるので、労働時間(残業時間)は事実上、青天井となっています。

このため、月に100時間を上回る残業をさせている職場は無数にあり、過酷な労働が原因で過労死する事件が頻繁に起こっています。裁判になった事例も数えきれないほどあります。このため、労働界からは労働基準法36条を見直して残業時間の上限を規制すべきだという声が強く出ていましたが、政府も国会もこれまで真剣に取り上げたことはありませんでした。

ところが一昨年、電通の新入女子社員(24歳)が過労自殺したことを契機に、電通のあまりにも長時間にわたる過酷な労働実態が明るみに出て、大きな社会問題となりました。このため、政府はようやく「働き方改革実現会議」を設置し議論を始めました。

最近の新聞によれば、政府は残業時間に上限を設け、違反すれば罰則を科す方向で検討しているとのことです。

それは一歩前進だとは思いますが、問題となるのは残業の上限を何時間にするかです。新聞によれば、月平均の残業時間は60時間にするが、繁忙期は月100時間まで認める方向で調整しているとのことです。

しかし、一般に過労死ラインは月80時間とされているので、繁忙期に限るとはいえ月100時間の残業を容認したのでは問題解決にならないと思います。

今後の議論を見守りたいと思います。

posted by kuraben at 10:48| 倉田弁護士

2017年01月17日

久しぶりの大雪 (倉田)

1月14日、15日の両日、中国地方は寒波に覆われ、広島市も33年ぶりの大雪が降り、19cmも積もりました。

庭の写真と、家内が作った雪だるまの写真を撮りました。
(クリックすると拡大します)

大雪 1.jpg

大雪 2.jpg



posted by kuraben at 10:07| 倉田弁護士

2017年01月10日

何歳以上を「高齢者」と呼ぶべきか (倉田)

現在の日本では、65歳以上の人が「高齢者」として分類されています。しかし、最近、日本老年学会は高齢者の定義を75歳以上に見直すべきだという提案を発表しました。

確かに、医療の進歩や生活習慣の改善により、最近の老人は昔に比べて身体の働きや知的能力が大きく若返っています。

会社を定年退職しても大多数の人が元気であり時間をもてあましています。70歳前後になっても何か仕事があれば仕事をしたいと思っている人がほとんどです。まだ、それだけの力があるのです。

新聞によれば、日本は50年以上前から慣例的に65歳以上を高齢者と呼んでいるとのことです。しかし、50年以上前は平均寿命が男性は約60歳、女性は約63歳でした。ところが、今の平均寿命は男性が約80歳、女性が約86歳ですから、全く情勢が違います。

したがって、私は高齢者の定義を75歳以上とすることに大賛成です。そうすれば、高齢者に対する社会の意識も変わり、仕事の上でも75歳までは雇用される風潮が生まれ、人手不足の解消にもつながると思います。

posted by kuraben at 10:52| 倉田弁護士

2016年12月27日

出生数100万人割れ (倉田)

厚生労働省の発表によると、今年生まれた子供の人数は98万1000人となり、初めて100万人を割込んだということです。出生数は、第2次ベビーブーム(昭和46年〜昭和49年)で200万人を超えた後は、減少が続いていました。

政府は「希望出生率1.8」を揚げ、保育所の増加対策などに取り組んではいますが、何の効果も出ていません。国立人口問題研究所によると、男性も女性も結婚しない人が増え、平成20年の統計では、生涯未婚率が男性20.14%、女性10.61%となっています。この傾向は今後も進み続けると推計されています。

若者が結婚しない最大の原因は所得の格差だと思います。結婚適齢期になっても所得が少ないので結婚できないのです。先日テレビを観ていたら、非正規労働者の割合は確か40%位と言っていたので驚きました。これでは結婚できないのは当然です。安部首相は「労一労働同一賃金」を実施すると言っていますが、経済界の反対にあって実現しそうにありません。

一方で、政府が12月22日閣議決定した来年度予算案は97兆4547億円になり、5年連続で過去最大を更新しました。国債(借金)は歳入全体の35.3%を占めています。このように年々借金は増加していますが、この借金は私たちの子孫が払うことになります。しかし、出生数は毎年減っているのに子孫が借金を払えるとは思えません。この国の将来は一体どうなるのか、とても心配です。
posted by kuraben at 10:31| 倉田弁護士

2016年12月12日

民間人の司法参加 (倉田)

裁判はテレビで見るような法廷で開かれます。裁判官席には裁判官が座り、傍聴席もあります。裁判所は紛争を解決する場所なので厳粛な雰囲気の中で行われ、当事者はもちろん弁護士も緊張します。

裁判には民間の紛争を解決する民事裁判と、犯罪者を裁く刑事裁判があります。刑事裁判の場合は、殺人等の重大犯罪を裁くときは民間から6人の「裁判員」が選任され、3人の裁判官と並んで裁判官席に座り、判決について意見を述べることができます。このような裁判員制度があることは皆さんご存知のとおりです。

ところで、離婚などを扱う家庭裁判所には「参与員」という民間人がいることはほとんど知れられていません。参与員は民間人の中から選任され、家庭裁判所で行う離婚訴訟などの場合に裁判官の相談役となります。

実は、私は何年も前から参与員に任命されていて、時々、難しい離婚訴訟のときに裁判所から依頼されて、法廷で裁判官の隣に座り裁判に参加することがあります。参与員は証人や当事者に対して尋問することもできます。

離婚訴訟は、夫婦と子供の人生がかかっているので、どちらを勝たせるべきか非常に難しい判断を求められます。そこで多くの場合、裁判所は双方の当事者に和解(話し合い)による解決を勧告するのですが、感情的な対立があってどうしても和解ができないときは判決を言渡すことになります。判決の前には裁判官は参与員の意見も聞きます。

参与員をしていると、裁判官という仕事は大変責任の重い仕事だということがよく分かります。
posted by kuraben at 13:12| 倉田弁護士

2016年12月05日

師走 (倉田)

日時が過ぎるのは早いもので、今年もいつの間にか12月になりました。
どういうわけか今年はいつまでも暖かいので冬になったという実感が湧きません。毎日歩いて通勤するのですが、今年はまだオーバーコートもほとんど使用しません。

弁護士の仕事は年末にかけて忙しくなります。先週の土日も、先々週の土日も、休みを返上して事務所や自宅で急ぐ仕事に取組みました。しかし、土日に仕事を片付けると月曜日の朝はスッキリした気持ちで出勤できるので、ストレスが溜まらなくて精神的には楽になります。

このように12月は多忙なのでゴルフも1回しか行く予定がありません。しかし、ゴルフはコースには出なくても週末には必ず練習場には行き、1時間半くらいボールを打つことにしています。そうしないとゴルフがすぐに下手になってしまうし運動不足になるからです。
posted by kuraben at 10:24| 倉田弁護士

2016年11月14日

クラス会 (倉田)

11月8日(火)は、5年振りに高校のクラス会があり、湯来温泉に一泊しました。私達のクラスは30人でしたが9人集まったので、75歳という年齢を考えるとよく集まった方だと思います。
高校時代の思い出話で盛りあがり、また、カラオケをしたり校歌を歌ったりして、夜遅くまで楽しい時間を過ごしました。

みんな元気ではありましたが、各人が何らかの病気の薬を飲んでおり、次のクラス会は5年も先では生きているかどうかも分からないので、もっと早く開こうという声が多数あり、次は2年後に開くことになりました。
私もその時まで元気でいたいと思いました。

posted by kuraben at 10:05| 倉田弁護士

2016年10月25日

痛快だったカープ2連勝 (倉田)

日本シリーズでカープは2連勝しました。初戦は日本最速の165キロを誇る大谷翔平投手が相手だったので、さすがのカープ打線も勝つことは出来ないのではないかと心配していましたが、2回に重盗で先制し、4回には松山、エルドレッドの両選手がホームランを放ってリードを広げ、一方ではジョンソン投手が7回途中まで1失点と好投しました。
大谷投手から3点を取るとは大したものです。

2戦目は野村投手が6回1失点と好投しました。5回に1点を取られて追いつかれ、1対1の同点となった時は最後まで1点差の争いになるとハラハラしましたが、6回に田中選手の好走塁から4点を勝ち越した時は家内と手をたたいて喜びました。

地元広島で2連勝したのは大変痛快でした。おかげで土曜、日曜は楽しい夜を過ごすことができました。
この調子で札幌ドームでも頑張ってほしいものです。
posted by kuraben at 10:43| 倉田弁護士

2016年10月11日

福井市で日弁連人権大会 (倉田)

10月6日(木)から3日間、福井市で日弁連の人権大会が開催されたので夫婦で行ってきました。
この人権大会で日弁連は死刑制度の廃止を決議したので、新聞やテレビで大きく報道されました。といっても国会の決議ではないので、すぐに死刑が廃止されるということにはなりませんが、死刑の廃止は世界の潮流となっており、日弁連の決議は日本の法制度にも一定の影響を与えるものと思います。

人権大会の翌日には公式観光があったので参加し、いろいろな所を観て回りました。最も感銘を受けたのは永平寺です。
永平寺は、今から約770年前に道元禅師によって開かれた坐禅修行の道場です。境内は三方を山に囲まれた奥深い所にあり、大小70余りの建物が並んでいます。常時200人位の修行僧がいるそうですが、福井の冬は雪が多く、修行僧は厳しい戒律のもとで粗食と寒さに耐えて修行しなくてはなりません。修行僧の案内で建物の中も観て回ることができたのですが、ピーンと張りつめた緊張感があり、身が引き締まる思いがしました。
ここで何年も修行する人には本当に頭が下がる思いがしました。

posted by kuraben at 15:27| 倉田弁護士

2016年09月26日

豪栄道が全勝優勝 (倉田)

かど番だった大関の豪栄道が全勝優勝しました。最近の豪栄道はケガに苦しみ毎場所弱かったので、優勝するとは誰も予想しませんでした。
今場所は、かど番を脱することができるかどうかだけを注目していましたが、8連勝してかど番を脱出した後も勢いは止まらず、あれよあれよという間に快進撃で連勝を続け、ついに14日で初優勝という大きな夢を実現しました。
かど番大関の全勝優勝は史上初めてだそうです。
優勝を決めた14日目の玉鷲戦のときは、観客席で両手を合わせて祈っている母親の姿が何度もテレビに映り、感動しました。日本人の優勝はめったにないことなので、私も嬉しかったです。

豪栄道はこれまで苦しんでいたケガも回復したようなので、来場所も優勝できる可能性があり、そうなれば横綱も見えてきます。来場所が楽しみになってきました。

ところで、今年も彼岸の日にはキッチリと彼岸花が咲きました。毎年のことですが、今年も写真を撮りました。
(写真をクリックすると拡大します)

彼岸花H28.jpg
posted by kuraben at 11:19| 倉田弁護士