2017年09月19日

カープ優勝

カープが今年も優勝しました。
昨日は敬老の日で仕事は休みだったので、始めから終わりまでテレビで観戦しました。接戦だったのでハラハラしましたが、中ア投手が最後のバッターをアウトにしたときは思わず手をたたいていました。

甲子園球場は阪神の本拠地なのに、スタンドは一塁側も三塁側もカープのファンで真っ赤に染まっていたのには少し驚きました。

緒方監督の胴上げのシーンは何度もテレビで見ました。足の怪我でこのところ出場していなかった鈴木選手も他の選手に支えられながら胴上げの場面に参加できたのはよかったです。

間もなくクライマックスシリーズと日本一決定戦が始まります。どちらも簡単には勝てないと思いますが、楽しみは当分続きそうです。

(写真をクリックすると拡大します)

カープ.jpg

胴上げ2.jpg

誠也.jpg

posted by kuraben at 14:22| 倉田弁護士

2017年09月06日

カープ大逆転でマジック12

昨日(9月5日)のカープの試合は、最後の最後に安部選手が大逆転の2ランホームランを打ちました。9回の表に阪神が福留の2ランホームランで7対6とリードしたときは、「もうこれまで」とカープの勝利はあきらめたのですが、9回の裏に奇跡のようなドラマが待っていたとは信じられないことでした。

阪神との三連戦の初戦に勝ったことは大きな意味があります。もし負けていたら三連敗のおそれもあったわけですからこの一勝は大きいです。

これでマジックは12となりましたが油断禁物です。今日も明日も勝って三連勝してマジックを減らしてカープファンを喜ばせてもらいたいです。

posted by kuraben at 15:34| 倉田弁護士

2017年08月21日

広陵が準決勝へ

平日は仕事があるので高校野球を観ることはできませんが、今回はたまたま土曜日(19日)と日曜日(20日)に広陵高校の試合があったので、2日とも自宅でゆっくり観戦することができたのは幸運でした。しかも、広陵は2日とも勝ち、まさかのベスト4になったので最高に楽しかったです。

近年、広島の高校はどこが甲子園に出ても初戦で敗退することが多く、広陵も今回は久しぶりの出場なので全く期待していなかったのですが、10年ぶりに準決勝まで進み痛快でした。

特に中村奨成捕手は、4試合で18打数12安打、ホームラン4本の活躍で、いきなりプロにも注目される存在となりました。この選手は打つだけではなく、足が速くて盗塁もするし、肩が強くて相手の盗塁も阻止する多才な選手なので、今年のドラフトでは是非ともカープは1位指名してもらいたいと思います。

posted by kuraben at 15:31| 倉田弁護士

2017年07月24日

妻の誕生日 (倉田)

7月22日(土)の午後、長男の子どもから電話があり「今からみんなで行くけど家にいますか」と言ったので、「いるよ」と答えたところ、午後3時ころ長男の家族が誕生日のケーキを持ってやってきました。

私は妻の誕生日が今月だったことをすっかり忘れており、思いがけないことだったので、自分のことのように嬉しかったです。

食べる前にケーキの写真を撮りました。また、キュウリが沢山採れたのでその写真も撮り、土産に持って帰らせました。
(写真をクリックすると拡大します)

おばあちゃん.jpg

キュウリ H29.7.24.jpg
posted by kuraben at 13:54| 倉田弁護士

2017年06月27日

14歳の藤井四段、未到の29連勝 (倉田)

中学3年生の藤井四段が6月26日ついに公式戦29連勝の新記録を達成しました。
試合が始まったのは午前10時だったので、私は午後7時のNHKニュースでは結果が分かるだろうと思って家に帰ったのですが、まだ試合は続行中でした。

私はその後の試合はケーブルテレビの実況中継で見ましたが、なかなか勝負がつかずハラハラしました。
夜9時半ころになってようやく藤井四段の勝利が決定しました。
NHKの9時からのニュース番組の途中で、臨時ニュースで報道されました。
この歴史的瞬間を見ることができて、とても感動しました。

本人は毎回「幸運でした」と言いますが、天才以外の何者でもありません。
この連勝がいつまで続くのか分かりませんが、次回も楽しみです。
次回は竜王戦の本戦で佐々木五段と対局します。
日本中が応援しているので頑張ってもらいたいと思います。

ところで、カボチャとナスが沢山採れたので写真を撮りました。
(写真をクリックすると拡大します)

H29.6.27 カボチャ.jpg

H29.6.27 ナス.jpg
posted by kuraben at 17:05| 倉田弁護士

2017年06月23日

痛快!藤井四段の28連勝 (倉田)

14歳でデビューし、公式戦で無敗の藤井聡太四段(中学3年)が、6月21日、ついに歴代1位タイの28連勝を達成しました。従来は、神谷八段(56歳)が28連勝で単独1位でしたが、30年ぶりに中学生の藤井四段が、不滅と言われていた神谷八段の大記録に並びました。すごい天才少年です。

藤井四段は、去年10月、14歳2か月の史上最年少でプロ棋士になりました。そして、昨年12月のデビュー戦であの有名な加藤一二三 九段(77歳)を破って以来、半年間勝ち続けています。

次回は、竜王戦の本戦なので強豪がそろっていて連勝を続けるのは難しいかもしれませんが、28連勝では神谷8段とタイ記録なので、欲を言えばもう一つ勝って29連勝とし、単独で歴代最多記録保持者になってもらいたいと思っています。

次回は6月26日、去年の新人王戦で優勝した若手ホープの増田康宏四段(19歳)と対戦します。どんな結果になるのか今から楽しみです。

posted by kuraben at 11:01| 倉田弁護士

2017年06月20日

今年の梅雨 (倉田)

今年は梅雨に入ったというのにほとんど雨が降らず晴天が続いています。
お陰でゴルフをする者にとっては好都合です。しかし、野菜を作る者にとっては、この時期はサツマイモの苗を植えるのに困ります。

サツマイモは30cmくらいの蔓(ツル)を畑に埋めるのですが、雨が降らないと枯れてしまいます。そこで、私は毎日水をかけているのですが、私の場合は畑が狭いので問題ないものの(写真のとおり)、大きな農家だと大変な作業になり困ると思います。

ところで、トマト、キュウリ、ナス、カボチャなどが収穫できるようになりましたので写真を撮りました。
(写真をクリックすると拡大します)
ナスとキュウリ 29.6.20.jpg

皿のトマト 29.6.20.jpg

カボチャ 29.6.20.jpg

ナス 29.6.20.jpg

トマト 29.6.20.jpg

サツマイモ 29.6.20.jpg
posted by kuraben at 11:53| 倉田弁護士

2017年05月24日

野菜の生育状況 (倉田)

4月はじめに植えたトマト、キュウリ、ナス、カボチャなどが順調に生育しています。
最近は育て方が上手になったのか、あまり虫がついたり病気になったりしなくなりました。
庭に1本植えているバラの花が綺麗に咲きました。

(写真をクリックすると拡大します)

H29.5 トマト.jpg

H29.5.26 キュウリ1.jpg

H29.5.26 キュウリ2.jpg

H29.5.26 キュウリ.jpg

H29.5.26 ?.jpg

H29.5 ?.jpg

H29.5 ナス.jpg

H29.5 バラ2.jpg

H29.5 ばら1.jpg

posted by kuraben at 15:38| 倉田弁護士

2017年05月08日

子どもの日 (倉田)

今年の子どもの日(5月5日)は、一日中晴れて気持ちのよい休日でした。暑くもなく寒くもなく、新緑に囲まれ、一年で最もすがすがしい季節といえるでしょう。

私は畑で野菜の手入れをしたり草取りをするとともに、運動のためゴルフの練習場にも行きました。畑とゴルフ練習場の写真を撮りました。
(写真をクリックすると拡大します)
H29.5ゴルフ.jpg

H29.5パセリ.jpg

H29.5ネギ.jpg

H29.5山椒.jpg

H29.5ナス1.jpg

ところで、新聞を開くと、4月1日時点の子どもの数が36年連続して減少となったという記事が目に付きました。今後も増加に転じる見込みはないので、日本の人口はどんどん減少していくことになりますが、日本の将来は一体どうなるのか心配になります。国も自治体も若い人たちが子どもを育てやすいように、子ども手当を増額したり、保育施設を増設することをもっと真剣に考えるべきだと思います。

posted by kuraben at 14:03| 倉田弁護士

2017年04月24日

新緑の季節 (倉田)

桜の花が散り、新緑の季節となりました。4月22日(土)はよい天気だったので、畑仕事をしました。エンドー豆がたくさん実り、ワセの玉ネギも大きくなったので収穫しました。また、ナス、トマト、キュウリの苗を買ってきて畑に植えました。
(写真をクリックすると拡大します)
2017.4 玉ネギ.jpg

2017.4 ナス.jpg

2017.4 エンドウ豆.jpg

このように書くと、いつものんびりと過ごしているようにみえますが、そうではありません。翌日23日(日)は事務所に出て一日中仕事をしました。訴訟事件の依頼者が日曜日以外は毎日仕事で忙しくて日曜日しか時間がとれないと言われたので、日曜日に事務所に来て頂いて打合せをし書面を作成しました。このようなことはよくあります。

弁護士の仕事は、急ぐときは夜でも休日でも対応しなければなりません。時には週末のゴルフもキャンセルして急ぐ事件に対応することもあります。

このようなことができるのも、健康だからであって、何よりも先ず健康に感謝したいと思います。

posted by kuraben at 13:32| 倉田弁護士