2018年10月19日

頼もしい天才少年たち

チェコで開かれたオセロの世界選手権で11歳の福地啓介君が優勝し世界一に輝きました。歴代の優勝者のうちで最年少だそうです。

偉業を達成した福地君が帰国のために乗った飛行機で、機長が乗客を喜ばせるアナウンスをしました。
機長は出発前に「オセロの世界チャンピオンにこの飛行機をご利用頂いています」と紹介したうえで、「実は36年前、私は15歳のときに史上最年少のオセロ世界チャンピオンになり、この記録はずっと破られていませんでした。しかし、この度、その記録を11歳の福地君が見事に破りました」と言ったのです。何という巡り合わせか、驚きと祝福の拍手が機内を包んだそうです。
心温まる話しだと思いました。

また、10月17日、将棋の天才少年である藤井聡太七段(16歳2か月)が新人王決勝戦で優勝し、最年少記録を31年振りに更新しました。これまでの新人王戦の最年少記録は17歳0か月だったそうです。

藤井七段は平成28年10月、最年少の14歳2か月でプロ棋士の四段になりました。そして、翌年、歴代最多の29連勝を樹立しました。

更に、卓球の張本智和君も14歳61日でITTFワールドツアー男子シングルスの優勝者となり、東京オリンピックで金メダルを狙えるような天才少年です。

私はこのような天才少年たちの活躍を新聞やテレビで見ると、とても頼もしく思います。

posted by kuraben at 15:46| 倉田弁護士

2018年09月28日

カープ三連覇

9月26日、カープは2位ヤクルトを10対0で下し、セ・リーグ3連覇を果しました。
マジックを1とした後は、2連敗して足踏みし、カープファンをがっかりさせましたが、優勝の日は先発の九里投手が8回まで無失点の力投をし、打線も面白いように得点したので、安心してテレビ観戦することができ、今シーズンで最も面白い試合でした。

10月17日からクライマックスシリーズが始まりますが、昨年もその前年も日本一にはなれなかったので、今年こそは栄冠を勝ち取ってもらいたいと思います。

ところで、毎年同じことを書くようですが、今年もきれいな彼岸花が畑に咲きました。どうして毎年ぴったりと同じ時期に花を咲かせることができるのか不思議でなりませんが、この花が咲くと、いよいよ秋になったなと感慨ひとしおです。

この時期になると、大根、キャベツ、白菜、チシャ、エンドウ豆などの冬野菜を植えます。虫よけのネットをかぶせているので野菜は見えませんが、一応写真を撮っておきました。
(写真をクリックすると拡大します)

H30.9.28 胴上げ.jpg

H30.9.28 授与.jpg

H30.9.28 セレモニー.jpg

H30.9.28 彼岸花.jpg

H30.9.28 ネットかぶせ.jpg
posted by kuraben at 10:15| 倉田弁護士

2018年08月13日

球史に残る大接戦(高校野球)

12日(土)に行われた星稜高校と済美高校の試合は球史に残る大接戦でした。これほど感動した野球を見たのは久しぶりでした。

私はどちらを応援していたわけでもありませんので、星稜高校が試合開始早々に6点差をつけたときには、もうこの試合は終わったも同然と思ったのでテレビを切って他の番組を見ていました。
ところが、1時間くらいたって再び野球のチャンネルに切り換えたところ、6点を追う済美は打者一巡の猛攻撃で8点を奪い一気に逆転しました。しかし、星稜も9回に3連打を含む4安打で2点を奪って追いつき、ゲームは延長戦になりました。延長戦は12回になっても決着がつかず、今大会から導入されたタイブレークに突入しました。

先攻の星稜はスクイズを含む巧妙な攻めで見事に2点を先取しました。私はいつの間にか心の中では6点差を逆転した済美を応援していたので、星稜が2点を先取したときは「もうこれで済美は負けた」とガッカリしました。

ところが、2点差を追う済美は常道作戦とされている送りバントではなく、先頭バッターが自らも生きるセーフティバント作戦をとって成功させて満塁としました。
そして、次には誰も予想しなかったドラマが待っていました。次の左バッターが低めに落ちる難しい変化球をうまくすくい打ちし、高く舞った打球が風に乗ってライトポールに当たる逆転満塁ホームランとなったのです。私は我を忘れてテレビの前で拍手しました。甲子園は熱狂のうずとなりました。まるで漫画かドラマを見ているようでした。済美のエース投手の山口選手は13回を一人で投げ、その球数は184球だったそうです。これにも感動しました。

posted by kuraben at 16:58| 倉田弁護士

2018年07月24日

今年の野菜

今年は野菜がかなり上手に作れました。夏の真っ盛りとなった今は野菜はもう最盛期を過ぎましたが、ミニトマトは数百個、キュウリ、ナスはそれぞれ数十個、カボチャは15個位獲れました。写真はその一部です。
(クリックすると拡大します)
2018.7.24 キューリ.jpg

2018.7.24 カボチャ.jpg

もちろん夫婦2人では食べ切れないので、近所や親しい人に差し上げるのですが、みんな喜んで下さいます。

とはいえ、毎年同じことを言うようですが、野菜作りは簡単ではありません。土を耕すのは素人用のミニ耕耘機を使うので楽ですが、耕した土を農具を使って何本もの畝にするのは手作業なので重労働です。
私は年なので3分間くらい作業をすると5分間くらい休み、また3分間くらい作業をすると5分間くらい休むといった具合です。
種や苗を植えた後の管理も大変で、一週間も放っておくと虫に食われたり、病気になったりしてダメになります。

農作業は腰を使うので腰の悪い人にはできません。しかし、幸い私は腰が丈夫で何とか力仕事もできるので、農作業は元気な証拠だと思って、もうしばらくは続けようと思っています。
posted by kuraben at 15:16| 倉田弁護士

2018年06月25日

宝塚劇場

6月21日は久しぶりに妻と二人で宝塚劇場に行きました。私は歌舞伎や能は若い頃に一度観ましたが、退屈に思えてあまり興味がないのですが、宝塚歌劇は大好きです。若くて美しい女性の上手なダンスと歌声は大変すばらしく時のたつのも忘れるほど引き込まれました。

しかし、観客は95%以上が女性です。年齢も50歳以下くらいの若い人ばかりです。私達夫婦は明らかに最年長者で、ちょっと場違いな所に来た感じでした。

しかし、もしチケットが取れたら8月にもう一度行こうと夫婦で話し合っています。

(写真をクリックすると拡大します)

H30.6.21 宝塚歌劇3.jpg

H30.6.21 宝塚歌劇.jpg

H30.6.21 宝塚歌劇2.jpg

posted by kuraben at 15:22| 倉田弁護士

2018年06月08日

かわいそうな女の子

東京都目黒区で5歳の女の子が両親からひどい虐待を受けて死亡したという事件が発生しました。この両親は、1月下旬から女の子に十分な食事も与えず、毎日ひどい暴行を加えるなどして衰弱させたうえ、虐待を隠すため医師の診断も受けさせず放置し、肺炎による敗血症で死亡させました。

5歳児の平均体重は約20kgですが、この女の子は死亡したとき約12kgしかなかったそうです。冬はベランダに出され、足の裏にはシモヤケの痕が残っていました。食事はほんの少しの量を1日1食くらいしか与えていなかったようです。

女の子は毎日のように、「もうおねがい。ゆるして」などと切実な思いをノートに平仮名で書いています。それを読むとかわいそうで誰でも涙が出ます。

この両親の行為は、刑法219条の「保護責任者遺棄致死罪」に該当し、刑は3年以上の有期懲役と定められています。私は両親を長期にわたって懲らしめるため、懲役20年位の厳罰に処すべきだと思っています。

posted by kuraben at 14:55| 倉田弁護士

2018年05月23日

許せない日本大学の監督・コーチ

5月6日に行われた日本大学と関西学院大学とのアメリカンフットボールの試合で、日本大学の選手がルール違反の危険なタックルをして関西学院大学の選手を負傷させたことが社会問題となっています。

この事件について、日本大学は「監督・コーチの指導と選手の受取り方に乖離が起きていたことが問題の本質である」と主張し、監督・コーチが故意にやらせたのではなく、選手が勝手に行ったことだという趣旨の説明をしています。

しかし、昨日、タックルをした日本大学の選手が記者会見を開き、すべて監督・コーチの指示で実行したことを明らかにし、危険なタックルをするに至った経緯を詳細に説明し、謝罪しました。弱い立場の20歳の選手が退部を覚悟で勇気を出して真実を述べたことは、大変立派で感動しました。

この選手が真実を述べたことにより、日本大学は窮地に陥っていることでしょう。もちろん、監督・コーチは傷害罪の主謀者として厳罰に処されるべきであるし、アメリカンフットボール連盟は徹底調査して日本大学に厳しい処分を科すべきであると思います。

posted by kuraben at 14:39| 倉田弁護士

2018年05月01日

ゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィークは、5月1日(火)と2日(水)を休むとすれば9連休になりますが、そんなに長く休むと仕事が溜まって困るので、1日と2日は休まずに事務所に出て仕事をすることにしました。
それでも7日間も休日があるので、畑仕事をしたり、ゴルフに行ったり、中学生の孫とキャッチボールをしたり、親戚の法事に出たりして過ごしています。

毎年同じような写真になりますが、今年もサヤエンドウ、玉ネギ、キンカン、サクランボなどが収穫期を迎えています。

(クリックすると拡大します)

H30.5サヤエンドウ.jpg

H30.5玉ネギ.jpg

H30.5キンカン.jpg

H30.5サクランボ.jpg

H30.5ゴルフ場.jpg

posted by kuraben at 13:26| 倉田弁護士

2018年03月29日

クラス会

3月26日から一泊で山口県下松市の笠戸島に行き、高校の同級生とクラス会を開きました。
国民宿舎の「ホテル大城」に泊まったのですが、できたばかりの新しいホテルで、島の頂上に建てられていて、周囲が海でとても見晴らしがよく、海に沈む赤い夕日が大変美しかったです。全員が喜寿になったのを記念して集まったのですが、まだまだみんな元気でした。

帰りに宮島に寄って桜を見物しました。今年は例年よりも早く桜が咲き、とてもきれいでした。

なお、3月21日の春分の日には、息子の家族が誕生日のお祝いとして花束を届けてくれました。
(クリックすると拡大します)

H30.3.29 笠戸島.jpg

H30.3.29 宮島.jpg

H30.3.29 桜.jpg

H30.3.29 花束.jpg
posted by kuraben at 16:43| 倉田弁護士

2018年02月22日

スケート女子団体追い抜き戦でも金メダル

2月21日(水)に行われたオリンピックのスピードスケート女子団体追い抜き戦は、大変面白かったです。夜遅くまでテレビを何度も見ました。
日本はオリンピック新記録をマークして強豪のオランダを破り、金メダルを獲得しました。これで日本のメダルは過去最高の11個になりました。

日本は、前回のオリンピックではこの種のスケートでメダルが取れなかったことを反省し、日本スケート連盟がナショナルチームを創設して今回出場した高木姉妹などを含む有力選手を集めて、年間300日以上も合宿して一緒に団体追い抜きの練習を毎日して鍛錬の日々を送ったそうです。今回のオリンピックではその効果が現れ、最強と言われてきたオランダチームを突き放して優勝しました。

レースの途中、中盤でオランダにリードされましたが、すぐに逆転し、1秒以上のリードに変えて圧巻の滑りで完勝しました。大変面白いレースでした。
(クリックすると拡大します)

H30.2.22パシュート2.jpg

H30.2.22パシュート.jpg
posted by kuraben at 13:44| 倉田弁護士