2011年07月24日

則天武后 (井上)

則天武后とは中国の唐の時代の女帝で中国三大悪女の1人とされています(因みにあとの2人は、漢王朝の始祖である高祖−劉邦の皇后である呂后と有名な清朝の西太后です。)。

私が読んだ世界史の教科書でも、「武韋の禍」といって、唐の3代目皇帝の高宗の皇后である則天武后が子供たち(4代目の中宗、5代目の叡宗)を廃して即位したことと、中宗の復位後にその皇后であった韋后が中宗を毒殺して権力を得ようとしたこと、の2つの出来事を併せて、女性が政治の中枢に関与して世の中を悪くしたこととして掲載していたくらいです。

私が大学を卒業して司法試験の勉強を始めたころ、教育テレビで則天武后についての著作を出版されたばかりの原百代さんという方が出ておられるのを偶々見かけたことがありました。

詳しい内容は忘れてしまいましたし、原百代さんの著作を読んだわけではないのですが、則天武后を政治家として評価されていた内容だったのは覚えています。

彼女の統治時代には内乱等がなく世の中がよく治まっていたこと、虐殺を行ったという彼女に対するネガティブな評価は他の名君(漢の武帝や唐の太宗など)とされる皇帝のときも同様でなければならないはずで、女性である皇帝だけそのことを強調するのはフェアでないこと、等のお話を覚えています。

私は則天武后の業績について論じる知識も能力も全く持ち合わせていないのですが、この教育テレビの番組を見たとき、「男女の格差が当然の古代の儒教国家で、女性でありながら権力の頂点まで上り詰めたのだから、政治センスと政治手腕が飛び抜けて優れていたことは否定できない。恐ろしい女性だったかも知れないが、そのことだけをもって政治家としての能力評価をするのはおかしい。」と感じました。

私が教科書で学んだことに疑問を持った最初の出来事だったように思っています。

私はフェミニストというわけでもないのですが、男女を問わず、人を評価するときには、個人的にどんなに嫌いな人であったとしても、その人物の良い面はきちんと評価することを心掛けたいと思っていて、則天武后の話は私がそう考えるようになったきっかけとなりました。
posted by kuraben at 16:46| 井上弁護士

2011年07月10日

補助輪なしの自転車 (井上)

小学1年生の長女が自転車の補助輪(横ダマ、横コロ)をはずして運転できるようになりたいと七夕の笹飾りの短冊に書いておりました。

どうやら、同級生のうちのかなりの子が既に補助輪なして運転できるらしく、自分も挑戦しようと思ったようです。

自転車屋さんで補助輪をはずしてもらい替わりにスタンドを取り付けてもらって、公園で練習を始めましたが、なかなか長女は上達しません。

「自分が子供だったときも、補助輪なしで乗れるまで、こんな風だっただろうか?」と思い返し、きっと私の父親も練習に忍耐強く付き合ってくれたのだなあとしみじみとした気分になりました。

自分がはじめて補助輪なしで運転できたときの光景は今でも鮮明に覚えているのですが、そこに至る父との練習の過程はすっかり忘れてしまっており、父から教わったアドバイスを私の長女にも伝えるというわけにはいかないのです。

長女の自転車を後ろから押しながら、思わず「もっとペダルを漕げ!」と大きな声を出している自分はまだまだ忍耐不足なのかも知れません。

posted by kuraben at 19:26| 井上弁護士

2011年06月12日

九州王朝説 (井上)

古代史の世界は大変ロマンにあふれていて、私のような全くの門外漢でさえ興味が尽きないところがあります。

何年か前に歴紀好きのある弁護士先生のお話をおうかがいする機会があって、「九州王朝説」というものがあることを知りました。

学校の教科書でしか日本の歴史を勉強したことがない方は全くご存知ないと思うのですが、九州王朝説とは、古田武彦さんという方が1970年代に提唱された破天荒な仮説です。

権威ある日本史学界ではほとんど無視されているらしいのですが、アマチュアの古代史ファンには今なお根強い支持があり、10年くらい前までテレビのバラエティ番組の司会で活躍されていた上岡龍太郎さんは古田武彦さんの著書の熱烈なファンだったことで知られています。

私にはこの仮説の詳細な紹介をする能力はありませんが、大まかにいいますと、通説的な見解では少なくとも7世紀以後は古代天皇を中心とする大和朝廷が日本全国を統一していて中国大陸にたびたび使者を遣わしていたとするのに対し、九州王朝説によると、日本には大和朝廷以前から大勢力であった九州王朝(都は福岡の大宰府付近にあったとされています)というものが存在し、大和朝廷はあくまで一地方の小国に過ぎず、九州王朝が衰退するまでは日本を代表していたのは大和朝廷ではなく、九州王朝の方であったというのです。

中国の歴史書に登場する「倭の五王」は5人の天皇を指すのではなく九州王朝の歴代の5人の支配者のことなのであり、中国の「隋」王朝に使者を送ったのは「聖徳太子」ではなく九州王朝の支配者で、また、朝鮮半島の「白村江の戦い」で「唐・新羅」の連合軍に対し「百済」とともに戦って敗れるのは九州王朝の方であるというのです。

この仮説の真偽はともかくとして、まさにコペルニクスの地動説くらいのインパクトがあり、ロマンをかきたててくれるのです。

posted by kuraben at 19:06| 井上弁護士

2011年05月30日

マスメディアについて (井上)

新聞、テレビといった大手メディアのニュースやその解説は、政府や役所、大企業の記者発表の無批判な垂れ流しで、マスメディアに求められる独自の検証や権力に対する批判精神が欠如しているという声をよく聞きます。

今回の震災での一連の原発事故の報道などはまさにその例だというのでしょう。

しかし、マスコミにとって情報提供者やスポンサーは敵に回せない存在で、ジャーナリスト精神だけでは成り立たないのはある意味仕方がない面があります。

嘘か本当か知りませんが、役所に批判的な記事を書いた記者が、その次から取材のための出入りが禁止されたとかいう話はよく聞く話ですし、今回の電力会社の原発対応や昨年の大自動車会社の海外でのリコール問題に関する報道を見ていると、マスコミが及び腰なのを何となく感じるところです。

私は、このような取材先とマスコミとの関係を批判するよりは、多様なメディアが発展・普及して、大手メディアの横一線の報道・解説とは別の情報が広く世の中に存在することが大切なのだと考えています。

例えば、週刊誌、インターネットメディアといったものがもっと認知されるべきだと思っています。

内容が胡散臭い、人権に配慮しない等、ネガティブな評価もありますが、大手マスコミとは違った、時に過激な論説が世の中にきちんと存在することが健全なのだと思うのです。

そう考えるようになってからは、出張の際には必ず電車の中で週刊誌を読むようになり、、また、普段からインターネットの政治記事や政治問題に関するいろいろなブログを見るようになりました。

世の中を斜めからばかり見るのはいかがかと思いながらも、テレビや新聞の情報を疑ってみるのも結構楽しいと感じています。




posted by kuraben at 20:04| 井上弁護士

2011年05月22日

共働き家庭 (井上)

私は配偶者も同じ業界で働いているため、7歳(小1)と4歳の娘たちはそれぞれ、学童保育と保育園にお世話になっています。

共働き夫婦にとってこれらの保育制度は大変ありがたいものです。

また、子どもが病気になったときに利用させていただく病児保育所も本当に助かっています。

もっともっとこれら公の子育て支援の制度が充実すればいいと思っているのですが、財政的な事情などでなかなか厳しいようです。

財政的な問題といわれるといかんともし難いところはありますが、それ以外にも、子育て支援が進まない理由があるのでないかと思っています。

自分ら夫婦が共働きだからいうわけではないのですが、「少子化対策が大切」といわれながらも、世の中は子育てに対して公が支援することにまだまだ理解が乏しいのではないかと感じています。

例えば、バラマキと批判の多い「子ども手当」ですが、他方、高齢者のための基礎年金の国庫負担(2分の1)が同じような批判を受けることはありません。

税金を直接手渡すことでは違いはないハズだと思うのですが、この差はなんなのでしょうか。

根底には、「子育ては親が責任を持つべきで、安易に公に頼るのはよくない。自分ら夫婦で満足に育てられないのなら子どもをもうけてはダメだ。」という意識が多くの方にあるからではないでしょうか。

私の親世代の緒先輩方が今より悪い環境の中で、苦労して多くの子ども達を世に送り出されてきたことは認めるのですが、しかし、今の日本は黙っていて少子化問題が解消するものではないので、もっと子育て支援に理解があってもいいのではないかと思っています。










posted by kuraben at 16:38| 井上弁護士

2011年05月15日

ホームセンター (井上)

私はホームセンターに買い物に行くのが好きで、許されるなら何時間でも店内にいたいとさえ思っています。

昨年の夏、自宅の網戸を子どもが破ってしまったので、ホームセンターの「DIY」のコーナーに行きましたところ、必要な専用道具が一通り売ってあって、私が行ったときはお休みでしたが時間帯によっては網戸張替えの実演もされているようでした。

替えの網、網を溝に押し込んで止めるゴム、ゴムを綺麗に溝に押し込むための専用のローラー、網をピンと張って作業するための専用のクリップ、余分な網を溝に沿って切り取る特殊なカッターを買い揃え、家に戻って、妻と一緒に張替え作業をしてみました。


子どものころから、手先の不器用なことには自信のあった私ですが、やってみますと、意外にも、上手とはいえないまでも、簡単にしかもそれなりには仕上げることができ、今年もその網戸は健在です。

私が子どものころに見た父親の日曜大工作品は出来栄えの野暮ったさが否めなかったのですが、近時はホームセンターの出現により、素人もプロの職人さんとさほど変わらない道具や材料を簡単に得ることができ、素人にしては完成度の高いものが出来るようになったのではないでしょうか。

プロが使うような専用の道具や材料が販売されているのを見て、「えー、こんなものまで売ってるの!」、「こんなこともやろうと思えば自分でできるのか!」と感心するのが、ホームセンターへ行く醍醐味だと思っています。








posted by kuraben at 16:58| 井上弁護士

2011年05月07日

草野球 (井上)

私の趣味の一つに草野球があり、広島の弁護士同士が集まった野球チームに入れてもらっています。

毎年、全国の弁護士会(大まかに都道府県ごとに弁護士会があるとお考えください。)の中での日本一を競っていて、広島弁護士会チームも頂点を目指しているのですが、近年は予選の段階で早々と負けてしまうことが多くなっています。

弁護士同士の試合以外にも、企業や各種団体の草野球チームとも試合を多くさせていただいていて、すべての試合に参加すると年間で結構な数になります。

草野球ですので、他人にお見せできるようなものではないのですが、やっている当人達は真剣でして、普段は法廷で敵味方に分かれて闘っている弁護士たちが、野球のときだけはチームのために協力し合って勝利を目指すところが、いい感じだと思っています。

私はもういい歳ではあるのですが、今でももっと野球を上手になりたいと真面目に思っていて、奥さんに「また野球に行くの〜」と嫌な顔をされても、都合のつく限り、週末の試合に駆けつけています。

posted by kuraben at 17:24| 井上弁護士

2011年05月02日

私の高校生時代 (井上)

私が京都で高校生活を送った昭和50年代後半、京都の公立学校制度は昭和40年代の革新府政時代の政策が残っており、特殊な仕組みになっていました。

現在はすっかり変わってしまっているのですが、当時の制度を簡単に紹介すると次の2点が特徴です。

一つは学区制で、自分が進学する公立高校がいずれになるかは、原則、居住地の小学校の学区によって自動的に決まります(したがって、公立高校間の競争や格差というものは基本的には存在しません)。

二つ目が総合制で、一つの高校に普通科と商業科が併設されていることが多く、同じクラスの中に普通科の生徒と商業科の生徒が混在しており、授業科目によって別々に授業を受けたり、一緒に授業を受けたりします。

このような制度により、高校受験というものがさほど加熱せず、また高校生になってからも勉強に関してはのんびりしたムードの中で学校生活を送ることになります。

結果、京都府の高校生の大学進学は一部の優秀な進学校の私立学校を除けば軒並み低調だといわれていました。

高校間の格差をなくし、また、一つの学校内で普通科で大学進学を目指す生徒と商業科で卒業後就職を予定している生徒とが交流できるようにする、といった高い理想があったのだと思うのですが、はやり、有名大学への合格状況の悪さ等への批判が強く、私が高校を卒業して間もなく他県の公立高校と同様の制度を取り入れていくようになります。

肯定的評価の少ない当時の京都府の公立高校制度でしたが、個人的には、劣等感を感じることなく高校生活を送れたのは良かったと感じていて、何も勉強しなかった当時の高校生活のことを今も時々思い出すことがあります。
posted by kuraben at 19:02| 井上弁護士

2011年04月24日

公設事務所 (井上)

今から約1ヶ月前、私の広島弁護士会の役員としての任期のほぼ最後にあたる3月30日の日に弁護士会の用事で岡山県の真庭市に行ってきました。

これまで法律事務所の存在しなかった真庭市に日本弁護士連合会が経済的に援助して出来た公設の法律事務所(ひまわり基金法律事務所)の開所式に参加するためでした。

初代の事務所長として赴任される弁護士が広島弁護士会の先生だったので、所用のあった広島弁護士会会長に代わり、私が広島弁護士会としてお祝いを述べる役目でした。

ひまわり基金法律事務所は、日本弁護士連合会が資金を投じて弁護士が常駐しない地域に法律事務所を開設しているもので、1990年代後半から日本弁護士連合会が行ってきた弁護士過疎問題の解消の取組みの1つで、広島県にも三次市にひまわり基金法律事務所があります。

また、日弁連以外でも、広島弁護士会や岡山弁護士会には弁護士会が支援して設立運営されている公設事務所があり、同じく、弁護士過疎地域に法律事務所(支所)を開設しています(広島弁護士会内では昨年12月に大竹市に公設事務所支所ができました。)。

公設事務所以外にも、弁護士の少ない地域で事務所開業する弁護士を経済的に支援する制度がいくつかあって、それらの制度を利用して弁護士が個人事務所を開設されるケースもあります。

弁護士みんなが拠出する会費の中からお金を投じて、弁護士のいない地域の司法サービスを充実させようとするこれらの試みは、大変誇らしいものだと思っています。

私のような末端の会員でも、公設事務所などの弁護士過疎地域に進出した法律事務所がその地域の人々のお役に立って喜ばれることを祈らずにはいられません。

弁護士会については、弁護士業界の利益擁護をするばかりの団体だと思われている方もおられるかもしれませんが、こういう地道な取組みをしていることも是非知っていただきたいものだと思っています。
posted by kuraben at 17:54| 井上弁護士

2011年04月17日

普通の弁護士に戻りました (井上)

今年の3月一杯まで1年間弁護士会の役員(副会長)をさせていただいていました。

私個人としては貴重な経験ができた1年でしたが、弁護士会の会務に多くの時間をとられて、本来の弁護士業の方はサッパリで、所属している当法律事務所には多大な迷惑をかけました。

嫌な顔一つせずに私が会務に専念できるよう取り計らってくださった倉田所長には感謝の言葉もありません。

まだ若干の残務はあるのですが、1年前と比べますと随分落ち着いた生活が出来るようになりましたので、これからは身の回りで起こったことを少しずつブログに書きたいと思います。
posted by kuraben at 17:31| 井上弁護士

2010年01月11日

警備員 (井上)

私は弁護士の仕事とは別にとある大学の法学部で破産法の講義を担当しています。

私は大学院で学んだ経験もないので、大学の教壇に立つのは荷が重いと感じているのですが、講師の仕事をお引受している以上、学生さん達にこれだけは伝えたいと思っていることがあります。

それは、破産に対して過度の偏見を持たないで欲しいということです。

破産制度のイメージを悪くしているものの一つに、いわゆる「破産者の資格制限」というものがあり、これは、裁判所で破産者とされた者は、破産手続が終了するまでの間、つまり破産者として扱われている間は、法律の規定などによって特定の職業や地位に付くことが制限されていることを指します。

資格制限の代表例が、警備業法に定める警備員の欠格事由で、破産手続中の者は警備員になることができないことになっています。

私は司法試験の受験生であったころ、警備員のアルバイトをしていたことがあり、実体験があります。

警備員になるためには、欠格事由が無いことを公安員会に認定してもらう必要があり、破産手続中で無いことの証明書を公安委員会に提出します。

破産以外の警備員の欠格事由はといいますと、懲役・禁錮刑を受けてから5年以内の者、アルコールや麻薬・覚せい剤の中毒患者、というものが代表例です。

因みに私の場合、後者の証明のために、警備会社から指示された診療所へ行くと、ろくに検査もしないで?診断書を書いてくれて、これを公安委員会に出しました。

お気づきでしょう。破産者は犯罪者や薬物中毒者と同列の扱いなのです。

「破産ってそこまで悪いことなの?」というのが、当時の私の率直な感想でした。

このような破産者の資格制限が、いたずらに破産のイメージを悪くし、経済的に困窮した人が裁判所に破産を申し立てるのを躊躇して、事態を一層悪くして、時には自殺に追い込まれてしまう原因の一つとなっているのではないかと私は考えています。

100年に1度の不景気の昨今、就職が難しい中、何とか身体一つでできる警備員の職に就いた人が、借金問題で破産すると職を失って経済的に再起がはかれないということでいいのか、本当に破産手続中の人が工事現場で交通整理をすると何か不都合があるのか、疑問に感じているのです。







posted by kuraben at 20:20 | TrackBack(0) | 井上弁護士

2009年12月20日

受験生時代 (井上)

司法試験の受験生をしていた20歳代のころは、いくつかのアルバイトしていましたが、どこの職場でもよく叱られたように思います。

私の働きぶりが悪かったこともあったのでしょうが、それ以外に、大学を卒業していい歳をしながら定職に付いていない私に対してよい感情を持たれない方がいらっしゃったように感じました。

私は受験勉強をしていることは誰にも言わないようにしていましたから、職場の方から「自分の将来のことをちゃんと考えなさい。」と諭していただいたり、あるところでは「当社の社員になりなさい。推薦してあげるから。」と言っていただくこともありました。

ある食品工場で夜遅くまで働いて自転車で自宅まで帰るとき、乗っていた自転車が古かったためか、私の服装が汚かったためか、とにかく怪しかったのでしょう、警察官に呼び止められ、盗難自転車を乗っているのではないかと自転車の登録番号を調べられるということが何回かあったのも、受験生時代の苦い思い出での一つです。

私は自分で望んでそういう生活をしていましたので、世間から白い目で見られても平気でしたし、何より両親が健在で実家に居候できていましたので大した苦労もせず大変恵まれた境遇でした。

そして何より今より世の中の景気が随分とよかったです。

しかし、100年に1度の不景気の昨今では、学校卒業後望んでも就職できずにアルバイト生活を余儀なくされる若い方が多いのでないでしょうか。

そしてそういう社会状況が当たり前のようにさえなっていて、私の20歳代のころのように、アルバイト暮らしをする若者に対しておせっかいで諭してくれたり、ましてや社員になれと勧めてくださるような方などいない殺伐とした環境になりつつあるのではと案じています。
posted by kuraben at 17:50 | TrackBack(0) | 井上弁護士

2009年12月06日

前原国土交通大臣 (井上)

 私は京都市の出身で、京都でまだ子供だったころ、前原国土交通大臣がかつて中学生・高校生時代に通っておられた学習塾に私も通うことになり、当時すでに京都大学の学生で塾のアルバイト講師をされていた前原大臣の若かりし頃を何度か拝見したことがあります。

 前原大臣が、細川内閣が誕生したときの総選挙で日本新党から国政にデビューされ、若手の論客として頭角を現わし、民主党党首となるも偽メール事件で失脚したりと挫折も経た後、現在は政権交代で国土交通大臣の重責を担われ、八ツ場ダム問題や日本航空問題等に立ち向かっておられるのはご承知のとおりです。

 超タカ派と称せられたり、民主党内のゴタゴタの要因のように評されたりすることもあり、人によって好き嫌いが激しい前原大臣ですが、大臣就任後は、問題に正面から取り組む姿勢や歯切れのいい物言いが評価されているような気がするのは、贔屓目でしょうか。

 通った学習塾が同じというだけの私ですが、前原大臣の活躍を新聞で見るのを楽しみにしている今日この頃です。
posted by kuraben at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 井上弁護士

2009年11月23日

決闘罪について (井上)

はじめまして。弁護士の井上道と申します。
最初ですので、真面目に法律のお話しをしたいと思います。

 先週、決闘罪で少年らが逮捕されるというニュースがありました。決闘罪というのは、刑法に規定された罪ではなく、明治時代に出来た「決闘罪に関する件」という古い古い法律に規定された犯罪で、大雑把にいうと決闘をすること自体を処罰するというものです。あだ討ちの風習がまだ残っていた明治時代に、この風習をやめさせるために法律がつくられました。

 いわば「化石」のような法律だったのですが、近年は、暴走族少年達のいわゆる「タイマン」(申し合わせによる喧嘩)に適用されることが珍しくなくなりました。

 喧嘩は本来、刑法の暴行罪もしくは怪我人がでれば傷害罪で処罰されるべきものなのですが、暴走族同士のタイマンでは、予めどちらが勝とうが負けようが警察に被害届を出さないことが取り決められていることが多く、怪我をした被害者がいても警察には被害届がでないので傷害罪で立件することが難しく、暴行罪で立件するのも集団での喧嘩の場合は誰が誰にどのような暴力を振るったかをいちいち証明することは難しく、また、そもそも、暴行罪はさほど重い罪ではなく、逮捕や勾留の容疑とするのはためらわれるところがあります。

 そのため、怪我人がいてもいなくてもよく、また、参加者がそれぞれどんな暴力を振るったかの詳細がわからなくてもよく、しかも暴行罪より重い刑罰が予定されている決闘罪は、捜査側からみると便利な面があるようです。

 ただ、個人的には、このような捜査する側の都合のためだけに化石のような法律をもってきて重く処罰しようとすることには、疑問を感じています。
 
 暴走族のタイマンでは、お互い凶器を絶対に使わない、周囲に迷惑のかからない場所(河川敷など)を選んでやる、あるいは相手がギブアップといったらそれ以上は手を出さない、などのルールが決まっていたりして、喧嘩自体は褒められたものではないとしても、いきなりはじまる乱闘と比べてずっと紳士的な感じがします。

 また、タイマンに参加する少年らは、多少の怪我は覚悟の上ですから、少々の怪我をしたくらいでは「被害者」とはいえない気もします。
 そういう事情にもかかわらず、あだ討ち禁止のための法律を持ち出してまで重く処罰しなければならないのか、いささか疑問な気がするのです。
 
 タイマンを奨励するわけではなく、集団同士の喧嘩も肯定するわけではないので、誤解のなきようお願いしたいのですが、決闘罪なんてものが使われることにより、必要以上に少年等の処分が重くなってしまっているとしたら問題だと思うのです。 


posted by kuraben at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 井上弁護士