2013年01月07日

日本の中心(井上)

今年もよろしくお願いいたします。

今年の元日は、配偶者のご実家から車で兵庫県西脇市まで行き、同市にあるお寺(播州成田山)に初詣となりました。

幼い娘2人ともおみくじが大吉だったこともあり、結構、初詣を楽しんでくれました。

西脇市は東経135度、北緯35度に位置しているため「日本のへそ」(日本の地理的中心という意味)の町として有名なのだそうで、私たち家族も「日本のへそ公園」にも立ち寄ってから帰りました。

後日、インターネットで調べてみて、「日本のへそ」とか「日本の中心」だと名乗っている都市はほかにたくさんあることを知りました。

例えば、北海道の宗谷岬と九州の佐多岬を結んだ線を直径にした円の中心にあることから「日本のへそのまち」だと名乗る群馬県渋川市、日本列島のどの海岸線から測っても最も遠い内陸という意味で「日本の中心」と名乗る長野県佐久市などがあります。

また、「日本のへそのまち協議会」というものまで結成されているようでした。

もしかしたら、新年からどうでもいいお話になってしまったかもしれません・・・。
posted by kuraben at 18:34| 井上弁護士