2012年11月13日

神楽 (井上)

広島の地元の方にとっては神楽は珍しいものではないでしょう。

秋祭りに近隣の神楽団が演目を披露するといった地域も多いのではないかと思います。

しかし、関西地方からやってきた私たち夫婦にとっては神楽公演はとても新鮮です。

とくに配偶者は気に入ったようで、配偶者にせがまれて、毎年秋になると必ず1回は家族で安芸高田市(旧美土里町)にある「神楽門前湯治村」にある「神楽ドーム」に出かけて、芸北地方の神楽団による神楽の公演を見に行きます。

源頼光と家来の四天王たちが鬼や妖怪退治をするといったよく知られた伝説がテーマとなっている演目が多く、また、演目の前にあらすじの解説もあるのですが、それでも、思わず引き込まれていく魅力があります。

神楽は広島の方がもっと誇られていい文化遺産のように思っています。





posted by kuraben at 20:47| 井上弁護士