2012年09月25日

秋分の日 (倉田)

9月23日は秋分の日でした。「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、この2、3日は、朝晩 急にすっかり涼しくなりました。私の家に植えてある彼岸花も、ぴったりとこの日に合わせたように咲きました。自然の力とは不思議なもので、彼岸花はどうして季節がわかるのでしょうか。あまりにもきれいなので写真を撮りました。
(クリックすると拡大します)
彼岸花2.jpg

彼岸花.jpg

秋分の日は日曜日で、大相撲は千秋楽でした。日馬富士が全勝優勝と横綱昇進をかけて強敵の白鵬と対決するので、私は朝から楽しみにしていました。結果はご存じの通りで、日馬富士が見事に白鵬を倒しました。まさに手に汗を握るような力の入った一番でした。久しぶりにこのような面白い相撲を見ました。

横綱が二人ともモンゴル人というのはちょっと残念ですが、スポーツも国際化の時代なので仕方がありません。イチローやダルビッシュがアメリカで活躍するのと同じことです。野球はアメリカの国技ともいえるスポーツですが、アメリカ人は彼らの活躍を称賛しています。私もそのように割り切ろうと思っています。
posted by kuraben at 11:36| 倉田弁護士