2012年08月03日

野球盤(井上)

長女の通っている小学校の学童保育の現場に保護者会から野球盤やサッカーゲーム等の遊具を寄贈しました。

先日、夏休み中の学童保育の現場に立ち寄る機会があり、少しの時間でしたが子ども達が遊ぶ様子を見ておりますと、寄贈した野球盤とサッカーゲームが大活躍していました。

野球盤は球場の形をしたゲーム盤の上で、投手役がレバー操作でパチンコ玉を転がし、打者役が同じくレバー操作でバットを回転させて打つものです。

サッカーゲームは、選手の数だけレバーがついていてこれを回すと選手役の人形がくるくる回り、ボールをはらうように転がすというものです。

どちらも私の子どものころにすでに存在し、原理もスタイルもほとんど変わることなく今に受け継がれています。

デジタル機能が付いたおもちゃも多い今の時代にあっては、ずいぶんとアナログな感じがしますが、これを子ども達が奪い合うようにして、嬉々として遊んでいるのを見るのは何とも微笑ましかったです。

野球盤には、「消える魔球」という機能があり、ボールがホームベース上で地下(ゲーム盤の下)に落ちていく(基本的に絶対打てない)この必殺球を1打者に対し何球投げてよいかのルールを決めることで、打撃戦になるか投手戦になるかが決まります。

「消える魔球」がどのタイミングで来るか配球を読み、これをきちんと見送れるかどうかが打者役の腕の見せ所です。
posted by kuraben at 20:43| 井上弁護士