2011年10月11日

高松で人権大会 (倉田)

10月7日(金)に高松市で日弁連人権大会が開かれたので、出席しました。毎年この時期になると開かれるのですが、開催地は全国の都市を転々とします。参加者は大変多く、弁護士が1500人位で一般市民も500人くらい参加します。前日にシンポジュウムが開かれ、今年は死刑問題が議論されました。私の妻も参加しました。

高松といえばなんと言っても栗林公園です。栗林公園は、国の特別名勝に指定され、また、ミシュラン観光ガイドでは「わざわざ訪れる価値のある場所」として最高の三つ星に選定されるなど、日本を代表する庭園です。せっかくの機会なので、大会の合間を縫って栗林公園を見学しました。これまで何回も見た公園ですが、何度見てもすばらしい公園です。気に入った場所の写真を撮りました。
栗林公園2.jpg

栗林公園3.jpg

翌日の土曜日は妻と一緒に鳴門まで足を伸ばし、鳴門の渦潮を見学しました。船に乗って渦のそばまで行って見るのが一番迫力があっていいのですが、妻が怖いというので、鳴門大橋の上から見物しました。天気もよく、また、ちょうど干潮のときだったので流れも速く、比較的大きな渦潮を見ることができ、楽しかったです。ここでも渦潮の写真を撮りました。
(写真をクリックすると拡大します)

うずしお1.jpg

うずしお2.jpg
posted by kuraben at 16:21| 倉田弁護士