2009年12月21日

世羅高校、優勝おめでとう (倉田)

師走の京都を駆け抜ける全国高校駅伝大会が昨日開催され、みごと世羅高校(男子)が優勝しました。3年ぶり6度目の優勝です。広島勢の優勝は、昭和34年の西条農業高校、昭和39年の盈進高校以来とのことで、通算8度目です。

世羅高校といえば、私が若いころは駅伝で有名でしたが、久しくその名を聞きませんでした。しかし、3年前に復活して優勝し、今、再び黄金時代を築こうとしています。私が感心するのは、世羅郡という田舎の県立高校なのに、どうやってこんな人材を集めることができたのだろうということです。みんなで頑張ればできるものだと感心せずにはおられません。

それにしても、ケニア人留学生カロキの8人抜きの快走ぶりには驚きました。彼がいなかったら優勝はできなかったでしょう。彼は、今季、5000mで高校ランキング一位の実力者です。

外国人留学生を駅伝に使うことについては、とかくの批判もありますが、連盟が許している以上、批判は当たらないと思います。世羅高校には来年も頑張ってもらいたいと思います。

(クリックすると拡大します)
駅伝.JPG

posted by kuraben at 16:09 | TrackBack(0) | 倉田弁護士
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34321160
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック