2009年12月17日

健康寿命 (倉田)

日本人の平均寿命は、女性が約85歳、男性が約78歳です。しかし、これとは別に「健康寿命」というのがあるのをご存知でしょうか。健康寿命というのは、他人に介護をしてもらわずに自立して生活できる年齢のことです。

健康寿命も日本は世界一で、平成16年の統計では、女性77.7歳、男性72.3歳でした。しかし、それでも平均寿命から計算すると、女性は約8年、男性は約6年、要介護で寝たきりの生活を送らなくてはなりません。そのようなことにならないためには、普段から健康に気をつけ、死ぬときはピンピンころりとなるのが理想です。

現代社会では太りすぎのひとが多く、太りすぎは成人病になりやすく、誰もがやせたいと願っています。しかし、いろいろ本を読んでみると、やせすぎも良くないようです。

最近読んだ本によると、現在、世界で主流となっている肥満度の判定の指標は、BMi値というものだそうです。BMi値の計算式は次のようになっています。
    体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=BMi

日本肥満学会では、18.5〜25未満が正常値とされており、22が健康的な理想の値とされています。BMi値が26以上の「おお太」はだめですが、18.5以下の「やせ」も血管がもろく突然死が多いとのことです。むしろ、24〜26くらいの「ちょい太」が健康で長生きするそうです。

私のBMi値を計算したところ、20.76でした。もう少し肥える必要があることがわかりました。あなたのBMi値はいくらですか。計算してみてください。
posted by kuraben at 10:11 | TrackBack(0) | 倉田弁護士
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34243946
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック