2020年01月21日

初めて男子駅伝を沿道で見物

1月19日(日)は都道府県対抗男子駅伝が広島で行われました。私は広島市に住んでいるのにいつもテレビで見るだけで、一度も沿道に出て見たことはありませんでした。しかし、今回は買物の用事もあったので、最終区間である7区の走者を城南通りで見てみようと思い、女学院前の交差点を通過する時間を見はからって沿道に立って走者を待ちました。

すると、午後2時30分頃、第1走者が近づいてきて、アッという間に通過しました。選手は長距離を走るので、もっとゆっくり走るものと思っていましたが、そのスピードの速さは驚きでした。と同時に、沿道には多くの人が並んでいて、その前を通過するどの選手に対しても拍手しながら「ガンバレ、ガンバレ」と大きな声で励ますのを見て感動しました。

やはり駅伝は沿道で見ると迫力が違います。大変よい経験をしたと思いました。

2020-1-21駅伝.jpg
(写真は、中国新聞より転載)

posted by kuraben at 15:14| 倉田弁護士