2017年11月13日

母校の創立70周年記念式典 (倉田)

11月11日(土)は、私の母校である広島県立佐伯高等学校の創立70周年記念式典が行われたので、久しぶりに母校を訪問し、同窓生などに会うことができました。

私が卒業してから58年にもなるので、校舎は全部建てかえられ、昔の面影は全くありませんでした。私が在校していた頃には普通科、家庭科、農業科があり、一学年が約90人だったのですが、今は少子化のため生徒が減少し、一学年が普通科だけの30人足らずになってしまいました。毎年入学者が定員割れとなっています。

しかし、アーチェリー部と女子硬式野球部が有名で、よく新聞記事になっています。アーチェリー部には今年卒業した河田悠希君という天才少年がいて、全国大会で度々優勝しましたので、次の東京オリンピックでは金メダル候補と言われています(今は大学生)。

また、女子だけの硬式野球部というのは中国地方では佐伯高校しかないので、他県から入学してくる生徒もいます。今年は全国大会にも出場しました。

そういうわけで、小規模な高校とはなりましたが頑張っており、心強く思いました。

(写真をクリックすると拡大します)。

佐伯高校校門 H29.11.11.jpg

佐伯高校 H29.11.11.jpg

佐伯高校式典 H29.11.11.jpg
posted by kuraben at 10:30| 倉田弁護士