2016年10月25日

痛快だったカープ2連勝 (倉田)

日本シリーズでカープは2連勝しました。初戦は日本最速の165キロを誇る大谷翔平投手が相手だったので、さすがのカープ打線も勝つことは出来ないのではないかと心配していましたが、2回に重盗で先制し、4回には松山、エルドレッドの両選手がホームランを放ってリードを広げ、一方ではジョンソン投手が7回途中まで1失点と好投しました。
大谷投手から3点を取るとは大したものです。

2戦目は野村投手が6回1失点と好投しました。5回に1点を取られて追いつかれ、1対1の同点となった時は最後まで1点差の争いになるとハラハラしましたが、6回に田中選手の好走塁から4点を勝ち越した時は家内と手をたたいて喜びました。

地元広島で2連勝したのは大変痛快でした。おかげで土曜、日曜は楽しい夜を過ごすことができました。
この調子で札幌ドームでも頑張ってほしいものです。
posted by kuraben at 10:43| 倉田弁護士