2014年12月02日

待機児童の解消はできるのか (倉田)

全国的に問題となっている待機児童の解消が一向に進んでいません。各自治体は保育施設を増加する努力はしているのですが、保育士不足が大きなネックになっているようです。

というのは、保育士は重労働なのに給与があまりにも安すぎて、保育士を募集しても集まらないのです。私は、国が補助金を出して保育士の給与をもっと上げ、魅力のある職業に変える必要があると思います。

かつては、学校の教員も不足した時期がありましたが、教員給与の特例法を作って給与を上げたところ、教員希望者が増え、現在では教員不足は解消しています。

安部首相は「女性が輝く社会をつくる」と言って、女性の登用を推奨しています。しかし、女性が仕事と子育てを両立するためには、保育所の受入れ体制に余裕がなくては不可能です。現在のように、全国で2万数千人も待機児童がいるようではいけません。

衆議院が解散し、論戦が行われていますが、待機児童を無くしようという主張はあまり聞きません。もっとこの問題を真剣に考えてもらいたいと思います。

posted by kuraben at 11:07| 倉田弁護士