2019年09月17日

原爆ドームそばの和式トイレ

先日、私は用事があって原爆ドームのそばを通りました。
そのとき、ドームの近くに公衆トイレがあったので男性用トイレの中に入りました。
ところが、驚いたことに、その公衆トイレは大便用のトイレが昔ながらの「和式トイレ」になっていました。
(下の写真のとおり)

近頃はどこに行ってもトイレは便座式が当たり前で、その多くは温水が出る便座になっています。
しかし、外国人が沢山訪れる原爆ドームのそばの便器が和式のままになっているとは予想もしませんでした。
広島市は平和都市が看板になっていて、原爆ドームは世界遺産にもなっているというのに、外国人には使い方もわからないと思われる和式トイレのまま放置されているのは広島市の恥だと思います。

私は、これはすぐに改善すべきだと思ったので、市役所の平和公園の係に電話しました。
すると、係のひとは「予算がないので直ぐには改修できません」と言いました。
こんなことでいいのでしょうか。
私は益々腹が立ちました。


R1.9.17 平和公園.jpg

R1.9.17 平和公園トイレ.jpg

posted by kuraben at 11:40| 倉田弁護士

2019年09月03日

10歳の仲邑初段の公開対局

8月25日(日)、中国新聞ビルで10歳の天才少女棋士として有名な仲邑(なかむら)すみれさん(初段)の公開対局があったので見に行きました。
テレビでは何度も見ましたが、広島で公開対局が行われることは二度とないだろうと思ったので行きました。
この対局は、日本棋院広島本部の40周年イベントとして行われたものです。

対局する相手棋士は藤沢女流本因坊(四冠)でした。約300人の囲碁ファンが見守る中で行われました。
女流棋士のトップと10歳の少女との対局ですから、勝敗は予想どおりで藤沢女流本因坊(四冠)が勝ちました。しかし、仲邑さんもよく頑張りました。

対局後の記者会見で、藤沢さんは仲邑さんについて「私が10歳のときと比べると、桁違いに強かったです」と感想を述べました。また、仲邑さんは「憧れの人と対局できてよかったです」と述べ、とてもかわいかったです。
今後、仲邑さんはどこまで強くなるのか、将来が楽しみです。

(写真をクリックすると拡大します)
R1.9.3 対局.jpg

R1.9.3 対局2.jpg
posted by kuraben at 10:32| 倉田弁護士