2021年08月17日

金メダルの恩返し

8月15日の新聞に、オリンピックに関連し次のような記事が載っていました。

8月4日に行われた男子110m障害の準決勝に出場するため、ジャマイカのハンスル・パーチメント選手(31歳)は選手村から国立競技場へ向かうためバスに乗りました。
ところが、同選手は誤って臨海部の会場行きのバスに乗り臨海部の会場に到着しました。しかし、臨海部からバスで国立競技場に向かうには、もう一度選手村に戻らなければならず、ウォーミングアップの時間が取れなくなりそうでした。

大変慌てた同選手は、臨海部にいた女性スタッフに助けを求めたところ、女性はすぐに手持ちのお金を渡してくれ、タクシーで国立競技場に向かうことができました。そのお陰で、ウォーミングアップに十分な時間を確保することができ、準決勝を2着で突破しました。翌日の決勝では自己ベストの13秒04をマークして、初優勝を飾ることができました。

金メダルを取った後、同選手は女性にお礼を言うため再び臨海部の会場を訪れ、金メダルを差し出して「あなたのお陰で、決勝に進めました」と感謝を伝えました。そして、驚いた様子の女性にジャマイカのシャツをプレゼントし、お金も返しました。

普通なら、この話は美談としてここで終わるところです。しかし、この話は同選手が投稿した動画が拡散され、ジャマイカのホルメス首相も自分のSNSで共有しました。さらに、同国の観光省は10日、公式フェイスブックで、「政府を代表して女性を公式に招待した」と発表しました。観光省は現地の新聞の取材に対し、「彼女が世界のどこにいようとも、私たちは自分たちの仲間に示された親切に報いたい」と語りました。

日本人が親切であるということは、日本を訪れた外国人のほとんどが感じていると言われていますが、今回の記事を見て、私は改めて日本人の親切心を誇りに思いました。

posted by kuraben at 17:09| 倉田弁護士

2021年03月17日

桜 咲 く

3月9日、私の孫が旧帝大の一つである有名国立大学に合格しました。難関大学なので心配していましたが、よく合格できたものだと感心しました。一足早く桜が満開になったような気持ちです。

3月14日の日曜日に私たち夫婦の家に本人を呼んでお祝いのケーキを食べました。

また、畑のスナックエンドウに白い花が咲き始めました。春の訪れは何とも言えず気持ちがよいものですね。

(写真をクリックすると拡大します)

2021.3.17 お祝いケーキ.jpg

2021.3 スナックエンドウ.jpg

posted by kuraben at 12:04| 倉田弁護士

2020年11月19日

川 柳

中国新聞の「読者文芸」という頁に読者が応募した和歌、俳句、川柳などが掲載されています。
私は文芸の心得がないので、そういうものを書いたことは一度もなかったのですが、季語などについて制限がない川柳なら自分にも作れるかも知れないと思い、9月頃、庭に彼岸花が咲いたのを見て下記の川柳を作って投稿したところ、10月末ころ採用されて、中国新聞に掲載されました。やればできると、少し嬉しかったです。

 「彼岸花今年も会えて気がなごむ」

彼岸花2.jpg

 (写真をクリックすると拡大します)
posted by kuraben at 15:02| 倉田弁護士

2020年06月26日

中国新聞に掲載された母校の記事

6月5日(金)と6月12日(金)の中国新聞セレクト版の「高校人国記」という欄に、私の出身校である県立佐伯高校(旧津田高校)が取り上げられました。

佐伯高校は、戦後設立された佐伯郡の山奥にある少人数の高校です。私は、同高校の10期生として昭和34年に卒業しました。私が在学中は、在学生の多くが農家の子でしたが、その後だんだん農家も減少したので、現在は会社員の子や商店の子の方が多いです。

私の家も農家でしたが、弁護士になったのは、私一人だけなので、私のことも今回掲載された「高校人国記」の中で紹介されています。

私が卒業した後しばらくしてアーチェリー部ができて、アーチェリーが盛んになり、全国大会に出て優勝もし、卒業生の中にはロンドンオリンピックの日本代表として出場した選手もいます。来年の東京オリンピックに出場する見込みの卒業生もいます。

また、数年前に女子硬式野球部が発足し、県の内外から野球が好きな女子生徒が入学するようになりました。

「高校人国記」の記事を見るには、下記をクリックして下さい。

中国新聞セレクト 2020年6月5日.pdf

中国新聞セレクト 2020年6月12日.pdf
posted by kuraben at 09:25| 倉田弁護士

2020年03月23日

今年の春

今年もそろそろ桜も咲き始め、段々と暖かくなってきました。私の家のサクランボとスモモの花が満開になっています。畑のスナックエンドウと玉ネギがもう少しで収穫できそうになりました。

3月19日が私の誕生日だったので、孫たち家族が3日後の日曜日にケーキを持ってきてくれました。
今年はコロナウイルスで大変なので何かと心配ですが、みんな元気なのが何よりです。

しかし、よいことばかりではありません。孫(女)が今年は大学受験だったのですが、希望した2つの国立大学は両方とも落ちてしまい、浪人することになってしまいました。4月から予備校通いですが、来年は成功することを願っています。

(写真をクリックすると拡大します)

2020.3.23 サクランボ.jpg

2020.3.23 スモモ.jpg

2020.3.23 スナックエンドウ.jpg

2020.3.23 ケーキ.jpg
posted by kuraben at 14:47| 倉田弁護士

2020年01月21日

初めて男子駅伝を沿道で見物

1月19日(日)は都道府県対抗男子駅伝が広島で行われました。私は広島市に住んでいるのにいつもテレビで見るだけで、一度も沿道に出て見たことはありませんでした。しかし、今回は買物の用事もあったので、最終区間である7区の走者を城南通りで見てみようと思い、女学院前の交差点を通過する時間を見はからって沿道に立って走者を待ちました。

すると、午後2時30分頃、第1走者が近づいてきて、アッという間に通過しました。選手は長距離を走るので、もっとゆっくり走るものと思っていましたが、そのスピードの速さは驚きでした。と同時に、沿道には多くの人が並んでいて、その前を通過するどの選手に対しても拍手しながら「ガンバレ、ガンバレ」と大きな声で励ますのを見て感動しました。

やはり駅伝は沿道で見ると迫力が違います。大変よい経験をしたと思いました。

2020-1-21駅伝.jpg
(写真は、中国新聞より転載)

posted by kuraben at 15:14| 倉田弁護士

2019年12月23日

最近、感激したこと

私は、先日の夜7時頃、広島駅近くのホテルからタクシーに乗って東区の自宅に帰りました。ところが、家に帰ってズボンのポケットから財布を取り出そうとしたところ、財布がありませんでした。
私は、いつもズボンの右側のポケットに入れているので、ポケットの中に無いはずはありません。私は、その日はホテルで会議があり手さげ袋を持っていたので、ひょっとしたらその袋の中に入れたのかも知れないと思い、調べてみましたがありませんでした。

私は「これは大変なことになった」と頭をかかえました。なぜそれほど困ったかと言えば、財布は二つ折りの黒い皮の財布で、その中には現金数万円のほかに、運転免許証、クレジットカード3枚、個人ナンバーカードなど、大事なカード類を全部入れていたからです。
これらのカード類は他人が不正使用すると困るので、すぐに使用差止めの手続をとったり、再発行してもらう必要があり、大変な手間がかかり大ごとです。

そこで、私はどうしたかというと、たまたま乗ったタクシーの領収書を持っていたので、タクシー会社に電話をして、私が乗ったタクシーの後部座席に財布が落ちていなかったかどうか調べてもらいました。
すると、すぐにそのタクシーの運転手から電話があり「今 調べましたが、財布はありませんでした」と言いました。
私は、ついでに「私が降りたあと、誰か他のお客さんを乗せましたか」と尋ねたところ、女性の客を一人乗せました」と言いました。それで、私は「その女性客が拾って持ち去ったかも知れませんね」と言うと、運転手さんは「普通、お客さんは後部座席で他人の忘れ物を見つけたらすぐ運転手に言ってくれますから、持ち去ったということはないと思いますよ。そうではなくて、あなたがタクシーを降りたときに路上に落したのかも知れませんから、すぐ、降りた所に探しに行かれた方がよいと思います」と言いました。

私は「降りるときに落とすはずは絶対にない」と思いましたが、一応探してみようと思い、懐中電灯を持って、タクシーを降りた所に行き、10分位かけてその付近と帰り道を隈なく探してみました。しかし、財布は見つかりませんでした。
私は絶望的な気持ちになり、「これから、免許証の再発行やカード差止めなどをしなければならない」と思うと気持ちが落ち込みました。

私は仕方なく探すのはあきらめて家に帰ることにしたのですが、そのとき、「こういう場合は、一応、交番に届けておいた方がよいかも知れない」と思いつき、10分くらい離れた所にある交番にトボトボと歩いて行きました。
そして、午後7時40分頃、交番に行ってドアを開けたところ、2人の若い警察官がいたので「財布を落としたので届けに来ました」と言いました。すると、「何色の財布ですか?」「どんな形の財布ですか?」「中にどんな物が入っていましたか?」「何時頃どの辺りに落としましたか?」「あなたの名前を言って下さい」とメモも取らずに次々と質問したあと、「その財布ならここに届けられています」と言って、ニコニコしながら机の引出しから私の財布を出して見せてくれました。それは、まさに私の財布でした。

私は、交番に財布が届けられているということは全く期待も予想もしていなかったので、びっくりし、すぐには信じられませんでした。こんなに早く私の財布が見つかるはずはないと思っていたのです。免許証には私の顔写真がついているので、私の所有物であることは明白なため、警察官は簡単な手続のあと、すぐに財布を渡してくれました。

私は「財布を届けてくれた人に御礼をしたいので、名前を教えて下さい」と言いましたが、警察官は「届けたのは小学生か中学生くらいの男子と女子の2人連れですが、お礼はいらないと言ったので、名前は教えられません」と言いました。お礼を言うことができなかったのは、私としてはとても残念でしたが、それにしても、何という素晴らしい子供たちでしょうか。私はその立派な行いに感謝するとともに感激して胸がいっぱいになりました。
外国では落し物が戻ってくることは考えられないと聞いています。日本人は何と素晴らしい国民でしょうか。

posted by kuraben at 10:24| 倉田弁護士

2019年11月15日

広島県が観光地のトイレの調査を開始

前回のブログで、私は原爆ドームのそばの公衆トイレを洋式に改善すべきであると書きました。それと同時に、中国新聞の「広場」という欄にも投稿して、国際平和都市広島の象徴である原爆ドームの公衆トイレが和式のまま放置されているのは恥ずかしいことなので、すぐに洋式トイレに改めるべきだと主張しました。すると、これを読んだ数名の友人・知人から賛成の声を頂きました。

そのうえ、たまたま昨日(11月14日)の中国新聞を見ると、広島県が県内の観光地160か所にある公衆トイレについて、設備の現状の調査に乗り出し、「和式トイレの使い方が分からないなどの悩みを抱える外国人旅行者の受け入れ姿勢を充実することになった」という記事が目に入りました。広島県の取り組みは、もちろん、私の投稿が発端ではないことは明白ですが、私は広島県が私と同じ考えを持って動き始めたことを嬉しく思いました。一日でも早く公衆トイレが改善されることを願っています。

posted by kuraben at 11:48| 倉田弁護士

2019年09月17日

原爆ドームそばの和式トイレ

先日、私は用事があって原爆ドームのそばを通りました。
そのとき、ドームの近くに公衆トイレがあったので男性用トイレの中に入りました。
ところが、驚いたことに、その公衆トイレは大便用のトイレが昔ながらの「和式トイレ」になっていました。
(下の写真のとおり)

近頃はどこに行ってもトイレは便座式が当たり前で、その多くは温水が出る便座になっています。
しかし、外国人が沢山訪れる原爆ドームのそばの便器が和式のままになっているとは予想もしませんでした。
広島市は平和都市が看板になっていて、原爆ドームは世界遺産にもなっているというのに、外国人には使い方もわからないと思われる和式トイレのまま放置されているのは広島市の恥だと思います。

私は、これはすぐに改善すべきだと思ったので、市役所の平和公園の係に電話しました。
すると、係のひとは「予算がないので直ぐには改修できません」と言いました。
こんなことでいいのでしょうか。
私は益々腹が立ちました。


R1.9.17 平和公園.jpg

R1.9.17 平和公園トイレ.jpg

posted by kuraben at 11:40| 倉田弁護士

2019年09月03日

10歳の仲邑初段の公開対局

8月25日(日)、中国新聞ビルで10歳の天才少女棋士として有名な仲邑(なかむら)すみれさん(初段)の公開対局があったので見に行きました。
テレビでは何度も見ましたが、広島で公開対局が行われることは二度とないだろうと思ったので行きました。
この対局は、日本棋院広島本部の40周年イベントとして行われたものです。

対局する相手棋士は藤沢女流本因坊(四冠)でした。約300人の囲碁ファンが見守る中で行われました。
女流棋士のトップと10歳の少女との対局ですから、勝敗は予想どおりで藤沢女流本因坊(四冠)が勝ちました。しかし、仲邑さんもよく頑張りました。

対局後の記者会見で、藤沢さんは仲邑さんについて「私が10歳のときと比べると、桁違いに強かったです」と感想を述べました。また、仲邑さんは「憧れの人と対局できてよかったです」と述べ、とてもかわいかったです。
今後、仲邑さんはどこまで強くなるのか、将来が楽しみです。

(写真をクリックすると拡大します)
R1.9.3 対局.jpg

R1.9.3 対局2.jpg
posted by kuraben at 10:32| 倉田弁護士